preSIMs

シムピープルのファンサイト。基本的なTIPS、改造プロセスなど。

アニメーションを作ろう!

御衣香桜さんの宴会テーブルを見ていたら、シムが”さしつさされつ”でコミュニケーションがとれたらいいかもと夢想。
季節柄パーティシーンにもぴったりではないか!
と思い立ち、以前からやりかけだったアニメーションに再挑戦。
でも・・・いきなり複数のアクセサリーの付けはずしあり、2人からみの動作あり、加えて状況に応じ選択行動BHVAありはちと荷が重かったかも。というより100年早いような気がしないでもありません。

その前にシャンパングラスとシャンパンの瓶メッシュを0から作るところで四苦八苦する始末。
MS3d.jpg
シムのアニメーションで使われる小道具はアクセサリーとして身につけるのでメッシュが必要になります。

←作成したオブジェクトの大きさと位置合わせは、こうしてMS3Dにそれを使用するメッシュをロードして行なう。


wineBig1.jpg
大きさを合わせたつもりが使ってみるとこんなにデカい!


そんなこんなで初めて0からオブジェクトを作成。せっかくなのでチュートリアルに、とも思いましたが、私が使用しているのはMilkShape(だいぶん前にお金を払って入手しているので、乗り換えるのが悔しいだけ)。
0からオブジェクトのメッシュを作成するなら、日本語であること、そしてシム用のプラグインを開発されているSHUNZOさんのフォローアップのていねいを考えると、今なら確実にメタセコのほうが」お勧めです。

まぁ、できても手酌タイプになりそう(情けない・・・)

それにしてもアニメーションを作るのは本当に大変!

シャンパンを飲むの図(Flash Movie)>>
手酌の図(Flash Movie)>>

たったこれだけの動きで使用したポーズは各30以上! 大量ポーズを保存しなければなりません。
Flashのようにライブラリから繰り返し読み込んでサイズを圧縮することはできない模様(あくまでもSimpose-iumでリニアに作る場合。短い動きでアニメーションのモチーフを作ってからシークエンスしていけばできます)

時間もかかりますが、動きの不自由なシムにブツや腕がめり込まないように調整するのが泣くほど大変なんです。
酌をするのをいったん諦めたのも、距離の設定をどうすればよいかが分からないから。
たとえばテーブルに酒瓶とグラスを置く→酒瓶に手を伸ばすと、手に酒瓶が付着→相手のシムの手にグラスが付着。ここまではうまくいっても次が問題。酌をするどころか昔のギャング映画よろしく、酒瓶で相手を突いてしまう事態がまま起きるのです。
しかもせっかく酌をしてもらいながら、顔はあさってのほうを向いてしまったり(レストランで注文するときと一緒)。
ともかく複数のシムが絡むアニメーションは非常に難しいことを改めて実感した次第。ベッドのような凄いオブジェクトを作成される方々に新ためて敬意を表します。

さらにシムのアニメーションチュートリアルは数が少ないので分からないことがあると非常に大変です。
私の知っている限りでは、
日本ではアンジェリーク語り隊様(閉鎖されたのですね。残念です)
海外ではSimstuationのマスターによるAnimation 101(SimCrazy内のコンテンツ)だけとなります。

と紹介したとたん、SimCrazyさん、閉鎖です。新たに開かれたSims2サイトが長くデットリンクになっていたので気を揉んでいたのですが・・・ザンネンです。

Posted by rui at 2005年11月13日 05:22 | コメント (7) | Clip!!

この記事に対するコメント

アニメーション作成ですか。これもまた大変ですね。
シムのアニメ作成過程はクレイ・アニメーションに近いものがありますから・・。手酌でもよいかと思いますよ。

距離感とかはつかめませんものね。オブジェクトにおけるZバッファと同じで・・。デフォルトを継ぎ足し+転用ですと、Animation Alchemistが比較的手軽で便利そうですが。
アンジェリーク語り隊さんも閉鎖なさったのですか。
Simstitutionさんも閉鎖されてしまいましたし、Sims870さんも年内いっぱいで閉鎖なさるそうですし、さびしい限りです。
まあ、趣味のものですし、飽きたり忙しくなれば廃れていくのは仕方ないことですけれど。

Posted by: フランカー at 2005年11月13日 15:31

以前からシムポゼでは作成しているのですが1人アニメーションオブはよいものがいっぱいあるのでわざわざヘタクソのものを作成しなくても、と思っておりました。
どうせならコミュニケーション・アニメを増やしたいというもくろみなのですが、いろいろと分からないことが多くて大変です。
Simposeiumでアニメーションを作り、AnimationAlchemistでコンバインするというのが一般的な道だと思いますが、いずれもチュートリアルがほとんどなくて泣きます;

Posted by: rui at 2005年11月13日 16:30

アニメーション(それもやり取り)を作成なさろうというところがすごいです。
Milkshape3Dは使用したことがないのですが、パーツ別に作成したときの大きさあわせでは、全身像を呼び出したほうがわかりやすいかもしれませんよ。
ただ、アクセサリのめり込みなんかは実際に動かしてみるまでわからないですね。
既存のアニメーションファイルを開いて見られるツールも今のところ見当たらないみたいですし、チュートリアルもおっしゃるとおりほとんどないですから、まさしく手探りですね。

Posted by: フランカー at 2005年11月14日 08:31

そうですね。全身をロードするのが面倒だっただけですが、手抜きはいけませんね。めり込みはアニメーションで無理な格好をさせることも一因であることが今回、よく分かりました。
Sims2ほど精密な動きはできない体なのでそれを考慮しなければいけないのでしょう。それにしてもSims2のシムはへんに表情豊かなだけに怖ろしいことになります。あれではスキンを作成する方はイヤだろうなぁ、と心配したりして。

アニメーションファイルはSimposeiumで見ることができます。

Posted by: rui at 2005年11月14日 10:30

Sims1は2ほどアップができませんから、多少のめり込みはわからないと思いますよ。Sims2のアップの形相は確かに怖いですね(^^;

アニメーションについては、言葉不足でした、ごめんなさい。見られないというのはテキスト形式で、という意味でした。

Posted by: フランカー at 2005年11月14日 12:29

ええ!? ごめんなさい。私、よく分かっていないのかもしれません。
シムポゼでバイナリのCFPファイルだけでなく、CMXで書き出したテキストファイルからもアニメーションをロードできてしまうのですが、何か間違っているのでしょうか?
なんだか混乱してきました。アニメーションの構造がよく分かっていないのかも・・・。

Posted by: rui at 2005年11月14日 20:51

あ、ごめんなさい。
シムポゼも、SimViewも任意のアニメーションを呼び出して動作させることはできます。
そうではなくて、アニメーションファイルはノートパッドなどで開くと概要は見られますが、スキンファイルのようにcmxなどのようにテキストが編集できる形では見られないですね、ということが言いたかっただけなのです。
かえって混乱させてしまってすみません。

Posted by: フランカー at 2005年11月15日 08:36


Made with dreamweaverMade with fireworksPowered by Movable Type 3.121-ja